着物を高く買い取ってもらうために。

タンスにしまったままの着物。
もう着ることのなくなった着物。
売りたい・処分したい着物。
遺品整理の時に出てきた着物。
収納に困っている着物。

 

などの着物があれば、まずは査定に出して、いくらぐらいで売れるのか?の買取相場を知っておくと良いでしょう。

 

どこで買い取ってもらうのか?ですが、必ず着物の専門知識を持っている買取店にお願いするようにしてください。

 

着物の知識がないような一般的な買取業者・リサイクルショップ・質屋では、その着物の買取金額の相場がいくらなのかすら分かっておらず、高く売れないことがほとんどです。

 

ぜひ着物の価値がよく分かっている着物の査定ができる買取店を選ぶようにしましょう。

結婚した時に親からもらった着物。

結婚のときに母親から着物をもらったんだけど、全く着ていなくて、今後も着ることはなさそう・・・

 

そんな着物を持っている女性は意外と多いようです。

 

着る予定がないのであれば、いっそのこと売るという選択肢もありますね。

 

着ない着物・帯であれば、買取に出して、その後、ほかの誰かに来てもらったほうが着物にとってもそれはいいことですよね。

 

おすすめなのが、着物専門の訪問買取です。

 

着物査定で熟練度の高い査定士が自宅まで来てくれて、高額な買取価格を提示してくれます。金額に納得できるのであればそのまま買い取ってもらいましょう。

新しく着物を買い替えたい場合

お気に入りの着物だったけど、何度も着たので、新しい着物が欲しくなってきた。そういう場合にも、着物買取は使えますね。

 

もしも高く売ることができれば、そのお金をあたしく購入する着物の代金の一部にまわすこともできます。

 

着物買取専門店なら、振袖・留袖・訪問着などの着物本体だけではなく、帯や巾着・草履・バッグなどの着物を着るときに身に着ける小物も買い取ってくれるので、まるまる一式売りに出してしまうこともできます。

 

そして、新しく着物を購入するときに、帯や小物も一緒に買い替えるなんてのも楽しそうですね♪

 

古い着物や変色してしまった着物、シミがある着物などは、「こんなのどうせ買い取ってもらえないだろうな。むしろこっちが処分するのにお金払わなきゃいけないんじゃない?」と思ってしまいますが、捨てる前に、査定だけでもやってみると、意外といい買取金額がつくこともありますので、あきらめてしまう前に試してみるべきです。

 

もしも売れる着物だった場合、お金をドブに捨てるようなものですから。ダメ元で査定依頼だけでもしておきましょう。

買取価格が高い着物はどんな着物?

有名作家着物・人間国宝(例:北村武資・羽田登喜男)などは一般的な着物よりも査定額が高くつくことが多いようです。

 

また、加賀友禅・京友禅・大島紬・結城紬・牛首紬・米沢紬・十日町紬・琉球紬・小千谷紬・久米島紬・・・などの着物も高額な買取金額を出してもらえるようです。(産地証明のラベルのある紬は価値が高い)

 

証紙がある場合とない場合でも、やはりある場合のほうが高く買い取ってもらえるようです。証紙はその着物の品質・産地を証明している紙です。産地の染めの基準を満たしていると「染め証紙」というものが貼られています。

 

 

また、大き目のサイズ(身丈160cm以上・裄丈65cm以上など)の着物の場合には、仕立て直しができるので、買取値段がつけやすいのだそうです。実際に買い取った場合に、幅広いボディーサイズの女性に向けて販売できるからでしょうね。

 

色や柄も査定額に影響してきます。幅広い年齢層が着られるような色や柄だと、買取価格も高くなりやすいのだとか。車を売るときとこのへんは同じかもしれません。同じ車種でも人気のない色・人気のある色があるので、色が違うだけで査定額は違ってきますよね。着物もそれと同じです。

出張買取だと高く売れる?

着物の買取で「宅配買取」をやっているところがあります。段ボールなどに入れて送るだけで、着物査定をしてもらえます。が、思っていたほどの高い買取金額がつけてもらえなかったので、返却をしてもらうことにしたら、その際の送料はこっち持ちになってしまったり、返送されてきた着物が送られてくる間にくちゃくちゃになってしまったりということも考えられますよね。

 

その点、出張買取であれば、その場で査定をしてもらえて、想定していた買取価格よりも高くなければ、売らなければいいだけの話です。査定は無料でしてもらえるので安心です。出張費などもとられることがありません。

 

それに大事な着物ですので、自分の目の届くところで査定してもらえる、目利きをしてもらえるというのは安心感がありますよね。

 

さらに、着物を売ることにした場合には、その場で現金がもらえる、という現金化スピードも魅力的ではあります。

着物買取の相場と注意点について

着物は購入をする場合には高額なものとなりやすい反面、不必要ななった場合などには処分の方法にも困るものとなります。これまでは、着物を必要とする人に無償や有償で譲るか、または、購入先に引き取ってもらう方法で処分が行われてきましたが、現在においては着物買取業者も多く、そこでは、どのような着物も査定に応じてくれ、多くは買取を行なってくれます。

 

着物買取には相場がありますが、それは、実際に買取に依頼をしてみなければわからないことも多く、着物の種類や生地によっても値段が違ってきます。もし、有名作家などの作品で証明書などが付いている場合には十万円単位の値段が付くこともありますが、通常相場としては1万円前後が買取相場となっています。

 

着物買取では依頼先によっても査定額が違う場合もあり、行なう場合にはいくつかの買取業者から見積をとることが大切なことになり、少しで高い金額を希望する場合には必要なことになります。

 

着物買取における注意点としては、まず、不当な査定をする業者を避けることがあります。中には売る側が値段を知らないことを逆手にとって不当に安い金額を提示する業者もいるために注意が必要です。また、専門性の高い買取業者に依頼をすることも大切です。着物を専門的に扱っている業者の場合には、品物の価値も良く理解しており適正な査定額を提示してくれます。

 

例えば、リサイクルショップや古着等の場合にはアルバイトなどが対応をすることも多く、そのようなときには価値のある商品でも高い査定を望むことはできなくなり、値段は付くものの数百円などと、只同然の金額を提示されることになってしまします。特に、全国展開をしているチェーン店などの場合には経費の問題からアルバイト率も高く注意が必要となります。

 

着物買取は、できれば、着物を購入した店舗に最初に相談をすることが適切な方法となります。それは、その着物の価値を良く理解していることと、多くの店舗は着物愛好者との付合いも多く、紹介という形で処分を手助けしてくれるからです。そして店舗が無い場合などでは慌てて行わないことも1つの方法となります。

遺品整理で出てきた着物を高く売る。

故人の遺品整理をしていて出てくる意外なものと言えば着物ではないでしょうか?タンスに何十年もずっとしまいっぱなしで、一度もお目にかかったことのないような着物が出てくることもありますね。

 

そんな時に、着物を買取に出したいと思う方も多いようです。故人の遺品とはいえ、どうせなら少しでも高く売りたいものですよね。

 

 

>>ピアノ買取相場を知りたい方はこのHPを参考に。

更新履歴