卒業式や成人式の時に着物を着ることがあるでしょう。

いつかまた着るかもしれないと大切にしまっておいた着物があるという方は、今後着る予定がない場合は思い切って処分してもいいでしょう。
着物を売りたい時は通常のリサイクルショップ等ではなく、着物買取を専門に行っている業者に依頼した方がお得です。着物買取で人気を集めている業者はいくつかあるので、複数の業者に対して査定を依頼することをおすすめします。査定の結果、提示された金額が一番高い業者に依頼できるので損をすることはありません。
高い値段を出して購入した着物ですから、少しでも高く売りたいものです。そのためにも査定に出す前に着物の状態をチェックしておきましょう。長い間タンスの奥にしまっておくと、カビが生えたり色が褪せてしまうこともあります。自分でケアできる程度の汚れなら、キレイな状態い戻しておきましょう。購入してからあまり長い年数が経過すると、それだけ買取価格も下がってしまいます。保管しておくか売却するか迷っている場合は、できれば早めに売りに出した方が得になります。新しければ新しい程、買取価格も高くなるでしょう。

 

着物を購入する時は、小物も一緒に揃えることが一般的です。着物の柄に合った帯や草履は必ず購入しますし、帯締めや扇子といった小物を揃えている方も少なくないでしょう。今後着物を着る機会があったとしても帯を合わせることは難しいため、一緒に売ってしまいましょう。小物は一品だけでは買取ってもらえない可能性がありますが、着物と一緒なら多少プラスになる可能性があります。

 

着物買取では、ある程度相場をチェックすることもできます。有名な着物であれば相場が分かるケースもあるので、提示された買取価格と照らし合わせながら売却するかどうかを判断しましょう。

 

自分で購入した物ではなくプレゼントとして頂いた物なら、一度も着ていないということもあるでしょう。使っていない着物は買取価格に期待できます。